B型肝炎の給付金・訴訟の弁護士相談はベリーベスト法律事務所におまかせください。

0120-393-041
平日9:30 - 21:00/土日祝日9:30 - 18:00
B型肝炎の費用についての質問

現在、慢性肝炎疾患で自治体から医療費の助成を受けているのですが、B型肝炎の給付金を受給しても、そのまま自治体の助成を受けることはできますか?

今回給付金の対象となっているB型肝炎において、給付金と助成金は意図と受給方法が異なります。

給付金は、誤った国の政策によりB型肝炎を発症した方に対して損害賠償という意味合いを持っており、国から現金が支払われます。一方助成金は、今回の特定B型肝炎に限らずB型肝炎を発症している方に対して多額の医療費を軽減するためのもので、医療機関での支払金額が少なくなります。

このようにそれぞれの意味合いが異なるため、給付金を受け取ったからといって、助成が受けられなくなるとは限りません。両方の制度を利用して治療を進めることも可能です。ただし、助成金は地方公共団体が管理するものなので、まずは保健所に相談してみることをおすすめします。

給付金に関しては、手続きが困難なこともあり、手続きの一部または全部を弁護士に委託することが可能となっています。給付金に関するご相談がある場合は、ぜひ弁護士までご依頼ください。

同じカテゴリの質問

閉じる
  • 給付金を無料で診断する
  • 電話で相談する 通話料・相談料無料
  • 電話でのお問い合わせご相談 0120-393-041 平日9:30 - 21:00 / 土日祝9:30 - 18:00
    通話料無料・相談料無料
  • 給付金の無料診断はこちらから
PAGE TOP