相談
無料
0120-70-7000
平日9:30〜21:00/土日祝日9:30〜18:00

B型肝炎 給付金請求訴訟

子どものころの予防接種が原因で

B型肝炎になった方は
最大で3,600万円が

国から給付されるのをご存知ですか?

提訴実績

18,999

和解実績

13,640

獲得金額

1,269
(2012年12月~2021年9月末現在)
相談料0円
着手金0円
来所不要
いくらもらえる? 無料診断

無料診断

生年月日を教えてください
元号:
B型肝炎と言われたことはありますか?
B型肝炎の病態を選んでください
両親はご健在ですか?
年上または双子のきょうだいは?
\最短60秒で診断!/
無料相談専用ダイヤル
無料相談ダイヤル
0120-70-7000
受付時間 平日9:30〜21:00 / 土日祝9:30〜18:00

B型肝炎訴訟について

B型肝炎訴訟とは、「過去に国が実施した集団予防接種等によりB型肝炎に感染し、健康被害を受けた被害者が、国を相手にその賠償を求めるための訴訟」です。

日本では、昭和23年7月1日~昭和63年1月27日までの間、全ての国民・住民が法律によって、幼少期に集団予防接種やツベルクリン反応検査を強制的に受けさせられていました。しかし、当時の日本は、衛生管理に対する意識が非常に低く、予防接種の注射器(注射針や注射筒)を何度も使い回していました。B型肝炎は、血液感染する病気です。その際の注射器の連続使用によって、HBV(B型肝炎ウイルス)に血液感染した方が、全国に数多くいるのです。厚労省による推計によると集団予防接種による感染被害者は、全国に約40数万人もいるとされています。

これらの感染被害者は、これまで国から何の救済も受けることなく、将来の発症の不安(キャリア)や、慢性肝炎・肝硬変・肝がんの病気で苦しんできました。これらの被害者が国に求める損害賠償の訴訟が「B型肝炎訴訟」です。

詳細は厚生労働省のホームページにあるとおりです。
「B型肝炎訴訟の手引き〈第5版〉」(PDF/1.2MB)

給付⾦が⽀給される条件

請求には期限があります

給付についての法律 (特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法の期限が、2027年3月31日までとされているため、2027年3月31日までに請求する必要があります。

  • 2021年6月11日、特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法の一部を改正する法律が国会で成立、新たに請求期間を2027年3月31日まで延長する内容となっています。

請求方法と給付される金額

対象者又はその相続人の方は、確定判決又は和解調書等を社会保険診療報酬支払い基金に提出し、特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等を請求します。特定B型肝炎ウイルス感染者給付金の額は以下のとおりです。

  • 2021年4月26日、最高裁は「再発」の考え方について、国が責任をより広く受け止める判決を出しました。

死亡・肝がん・肝硬変(重度)の場合

病態等 給付金額
発症後20年を経過していない方 3600万円
発症後20年以上経過している方 900万円

肝硬変(軽度)の場合

病態等 給付金額
発症後20年を経過していない方 2500万円
発症後20年以上経過した方で、現在も治療を受けている方等 600万円
発症後20年を経過した方で、現在は治癒している方 300万円

慢性B型肝炎

病態等 給付金額
発症後20年を経過していない方 1250万円
発症後20年以上経過した方で、現在も治療を受けている方等 300万円
発症後20年以上経過していて、現在は治癒している方 150万円

無症候性キャリア

病態等 給付金額
無症候性キャリア(感染後20年を経過していない方) 600万円
感染後20年以上経過した方 50万円
+検査費用等
無料相談専用ダイヤル
無料相談ダイヤル
0120-70-7000
受付時間 平日9:30〜21:00 / 土日祝9:30〜18:00

ベリーベストはなぜ
B型肝炎訴訟に強いの?

弁護士は、離婚、刑事事件、労働問題など様々な分野を取り扱いますが、中でもB型肝炎給付金請求訴訟は、弁護士に医学知識が必要とされる特殊な分野です。

B型肝炎給付金請求訴訟に詳しい弁護士が対応しますので、ご安心ください。
まずはお気軽にご相談ください。

B型肝炎給付金請求訴訟
お問い合わせ数の推移
B型肝炎給付金請求訴訟お問い合わせ数の推移
無料相談専用ダイヤル
無料相談ダイヤル
0120-70-7000
受付時間 平日9:30〜21:00 / 土日祝9:30〜18:00

B型肝炎給付金を得た方の体験談

B型肝炎訴訟(給付金請求)を実際に体験したお客様よりお寄せいただいたお喜びの声やご意見をご紹介しております。

当事務所をお選びいただいたお客様の「生の声」をご確認いただき、ご検討の際の参考にしていただければ幸いです。

費用について

無料相談専用ダイヤル
無料相談ダイヤル
0120-70-7000
受付時間 平日9:30〜21:00 / 土日祝9:30〜18:00

B型肝炎訴訟解決までの流れ

1.まずはお気軽にお電話ください

日本全国対応!
地方の方でも対応できます

無料相談ダイヤル
0120-70-7000

平日9:30〜21:00/土日祝日9:30〜18:00

2資料の収集

医療記録等、給付金請求に必要な書類を収集していきます。

3弁護士が国に提訴

弁護士が給付金を請求する書類(訴状)を作成して、国に対して訴訟を提起します。

4和解の成立

和解協議により病状に応じた給付金額の支給が決定されます。

5給付金の受け取り

社会保険診療報酬支払基金に給付金等の支給の請求を行い、給付金等が支給されます。

よくある質問

請求をする方の状況ごとに幅がありますが、訴訟を提起してからおよそ1年前後の期間を要する方が多いようです。給付までの期間を短くするためには、裁判に必要な書類をいかに早く集められるかがポイントとなります。…

受け取ることができます。症状が出ていない方を「無症候性キャリア」と言います。「無症候性キャリア」の場合でも給付金の請求は可能です。ただ、給付金の額は感染からの期間に応じて変わるので、詳しくはお気軽にお…

B型肝炎ウイルス感染に対する給付金の対象者は、以下の通りです。・誤った処置によりB型肝炎ウイルスに感染した方・感染者から母子感染した方・上記の相続人 そのため、すでにB型肝炎ウイルスが原因でお亡くなり…

給付金請求をするには、集団予防接種などにおける注射器の連続した使用が原因で、B型肝炎に感染した旨を証明しなければなりません。証明は、以下の5つの要件を満たしていることで成立します(一次感染者の場合)。…

B型肝炎ウイルスは、日常の接触(くしゃみやせき、飲みもの、食器やコップの共用など)では感染しません。ですので、結婚生活において、規則正しい生活を心がけ、飲酒を控え、定期的に医療機関を受診すれば、日常の…

閉じる
  • 電話でのお問い合わせご相談 0120-70-7000 平日9:30〜21:00 / 土日祝9:30〜18:00
    通話料無料・相談料無料
  • 給付金の無料診断はこちらから
PAGE TOP