B型肝炎 用語集(ペグ・インターフェロン)

0120-393-041
平日9:30 - 21:00/土日祝日9:30 - 18:00

ペグ・インターフェロン

ペグ・インターフェロンとは

読み方 ぺぐ・いんたーふぇろん

慢性B型肝炎では、B型肝炎ウイルスを完全に排除することは困難であり、主な治療目標は、ウイルスの増殖と活動性を抑えることで肝炎の沈静化を目指すことにあります。その治療手段は、年齢や経過、病態の進行具合などを総合的に考慮して決定されますが、抗ウイルス療法のひとつとしてインターフェロンが使用されています。しかし、慢性B型肝炎に対するインターフェロンの効果は限定的なものにとどまっており、無効例も少なくはありません。このような状況の中、B型肝炎の治療薬として新しく認可された(日本では2011年)のが、ペグ・インターフェロンです。これは、インターフェロンにポリエチレングリコールを結合させたものです(ペグとはポリエチレングリコールの略称)。従来のインターフェロンよりも血中濃度が維持されることにより、薬効成分が長く血中にとどまるため、抗ウイルス効果が持続します。そのため、従来のインターフェロンよりも投与の回数が少なく、週1回でよいとされており、患者の負担を緩和するものとなっています。商品名はペガシス(R)です。

あなたはいくらもらえる? 無料診断
無料診断
1あなたの生年月日を教えてください
元号:
2B型肝炎だと言われたことはありますか?
3B型肝炎の病態を選んでください
4ご両親はご健在ですか?
5年上または双子のきょうだいは?
\いますぐ!/ 無料診断スタート
閉じる
  • 電話で相談する 通話料・相談料無料
  • 給付金を無料で診断する
  • 電話でのお問い合わせご相談 0120-393-041 平日9:30 - 21:00 / 土日祝9:30 - 18:00
    通話料無料・相談料無料
  • 給付金の無料診断はこちらから
PAGE TOP