B型肝炎 用語集(病理組織学検査)

0120-70-7000
平日9:30 - 21:00/土日祝日9:30 - 18:00

病理組織学検査

病理組織学検査とは

読み方 びょうりそしきがくけんさ

患者から病変部の組織や細胞の一部を採取し(生検)、専門医や検査技師などが顕微鏡で詳しく病理学的に検査することをいいます。病変部の炎症の有無や組織の良悪(ガンか否か)など病気の進行程度を検査することができますので、病名の確定診断に欠かせません。それのみならず、手術方針や治療効果などの把握にも使われます。特に、肝臓の病理組織学検査は肝生検と呼ばれ、慢性肝炎、肝硬変、肝ガンを診断するための重要な検査となっています。体の外から腹部超音波検査(腹部エコー検査)や腹腔鏡検査によって肝臓の位置を確認しながら、肝臓の組織の一部を採取します。

あなたはいくらもらえる? 無料診断
無料診断
1あなたの生年月日を教えてください
2B型肝炎だと言われたことはありますか?
3B型肝炎の病態を選んでください
4ご両親はご健在ですか?
5年上または双子のきょうだいは?
\いますぐ!/ 無料診断スタート
B型肝炎給付金請求訴訟に強い弁護士|ベリーベスト法律事務所

B型肝炎給付金のことなら相談実績109,144件のベリーベスト法律事務所にお任せください!

医学的知識に精通した弁護士がB型肝炎専門チームを組んでカルテ等を精査するなど、充実した体制で給付金請求をサポートします。ベリーベストでは、裁判手続きから給付金の請求・受取りまでのすべてを対応致しますので、原則、お客様にご負担をおかけすることはございません。

閉じる
  • 電話で相談する 通話料・相談料無料
  • 給付金を無料で診断する
  • 電話でのお問い合わせご相談 0120-70-7000 平日9:30 - 21:00 / 土日祝9:30 - 18:00
    通話料無料・相談料無料
  • 給付金の無料診断はこちらから
PAGE TOP