B型肝炎の給付金・訴訟の弁護士相談はベリーベスト法律事務所におまかせください。

0120-393-041
平日9:30 - 21:00/土日祝日9:30 - 18:00
B型肝炎についての質問

B型肝炎の治療はどのように行うのですか?

B型急性肝炎とB型慢性肝炎の2種類にわけて説明します。

急性肝炎の場合は自然治癒に期待できるため、無治療で体内のHBV(B型肝炎ウイルス)が排除されるのを待ちます。ただし症状がひどい劇症肝炎になってしまうと、抗ウイルス剤の投与や血液を浄化するための血漿(けっしょう)交換、血液透析などの治療を行い、さらに進行した肝炎には肝移植を行う場合があります。

慢性肝炎の場合は体内のHBVを完全排除することができないため、IFN(注射薬)や核酸アナログ製剤(内服薬)などを用いて鎮静化を図ります。ウイルスの活動を抑え込み、肝硬変への進展や発がんを防いで長く快適に生きることを目指す治療です。

なお、無症候性キャリアの方は多くの場合、感染していても自覚症状がないため治療法は特にありませんが、慢性肝炎などに移行するリスクがあるため定期検査を受けることが大切です。

同じカテゴリの質問

閉じる
  • 給付金を無料で診断する
  • 電話で相談する 通話料・相談料無料
  • 電話でのお問い合わせご相談 0120-393-041 平日9:30 - 21:00 / 土日祝9:30 - 18:00
    通話料無料・相談料無料
  • 給付金の無料診断はこちらから
PAGE TOP