B型肝炎訴訟の給付金額一覧|給付金請求は弁護士にご相談を

0120-393-041
平日9:30 - 21:00/土日祝日9:30 - 18:00

対象者又はその相続人の方は、確定判決又は和解調書等を社会保険診療報酬支払基金に提出し、特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等を請求します。特定B型肝炎ウイルス感染者給付金の額は以下のとおりです。

病態等 給付金額
死亡・肝がん・肝硬変(重度)(発症後20年を経過していない方) 3600万円
死亡・肝がん・肝硬変(重度)(発症後20年以上経過している方) 900万円
肝硬変(軽度)(発症後20年を経過していない方) 2500万円
肝硬変(軽度)(発症後20年以上経過した方で、現在も治療を受けている方等) 600万円
肝硬変(軽度)(発症後20年を経過した方で、現在は治癒している方) 300万円
慢性B型肝炎(発症後20年を経過していない方) 1250万円
慢性B型肝炎(発症後20年以上経過した方で、現在も治療を受けている方等) 300万円
慢性B型肝炎(発症後20年以上経過した方で、現在は治癒している方) 150万円
無症候性キャリア(感染後20年を経過していない方) 600万円
無症候性キャリア(感染後20年以上経過した方) 50万円
  • 除斥期間とは、民法724条に記載があり「不法行為の時」から20年間を経過すると、損害賠償請求権が消滅することになっております。B型肝炎訴訟では、除斥期間の起算点(「不法行為の時」)については、無症候性キャリアの方については集団予防接種等を受けた日になりますが、慢性肝炎を発症した方の起算点は、その症状が発症した日になります。

その他の給付

上記一覧表の給付金額以外に、訴訟手当金として以下費用も支給されます。

  1. 訴訟等に係る弁護士費用として上記給付金額の4%に相当する額
  2. 特定B型肝炎ウイルス感染者であることを確認するための検査費用
  3. 特定無症候性持続感染者への費用
特定無症候性持続感染者への費用内訳
  • 慢性肝炎等の発症を確認するための定期検査費
  • 母子感染防止のための医療費
  • 世帯内感染防止のための医療費
  • 定期検査手当
あなたはいくらもらえる? 無料診断
無料診断
1あなたの生年月日を教えてください
元号:
2B型肝炎だと言われたことはありますか?
3B型肝炎の病態を選んでください
4ご両親はご健在ですか?
5年上または双子のきょうだいは?
\いますぐ!/ 無料診断スタート
閉じる
  • 電話で相談する 通話料・相談料無料
  • 給付金を無料で診断する
  • 電話でのお問い合わせご相談 0120-393-041 平日9:30 - 21:00 / 土日祝9:30 - 18:00
    通話料無料・相談料無料
  • 給付金の無料診断はこちらから
PAGE TOP