B型肝炎の給付金・訴訟の弁護士相談はベリーベスト法律事務所におまかせください。

0120-70-7000
平日9:30 - 21:00/土日祝日9:30 - 18:00

運動時の注意点

肝臓の病気については、進行具合によって運動量の適切な量や限界が決まります。

B型肝炎であっても、軽度の慢性肝炎ではほとんどの場合、仕事や運動の制限はありません。しかし、重度の慢性肝炎や肝硬変になると肝機能が全体的に低下するため、筋肉が衰えていきます。そのため、完全な状態での運動が困難になります。筋肉が衰えるのは、肝臓内に蓄えられているグリコーゲン量も減少し、筋肉自身の細胞が燃えてエネルギーになっていくからです。

重度の慢性肝炎の症状があり、自分がどの程度の運動に耐えられるのかが十分に判断できない時は、主治医の先生とよく相談して、適切な運動量を決める必要があるでしょう。

閉じる
  • 電話でのお問い合わせご相談 0120-70-7000 平日9:30 - 21:00 / 土日祝9:30 - 18:00
    通話料無料・相談料無料
  • 給付金の無料診断はこちらから
PAGE TOP