B型肝炎の治療法は状態により異なります|給付金請求は弁護士にご相談を

0120-393-041
平日9:30 - 21:00/土日祝日9:30 - 18:00

B型肝炎の治療法

急性B型肝炎の場合、ほとんどの人が完全に治癒するとされています。もっとも、急性B型肝炎を発症した場合、まれに劇症化して死亡する場合もあり、注意しなければなりません。

これに対して、HBV(B型肝炎ウイルス)キャリアの発症による慢性肝疾患(慢性肝炎、肝硬変など)の場合、治療が必要となります。いくつかの治療法の中からどの治療方法を選択するかは、全身状態、肝炎の病期、活動度などから判断されます。

B型肝炎の治療法には、以下のようなものがあります。

  • 肝庇護療法…グリチルリチン製剤の静脈注射、胆汁酸製剤の内服などがあります
  • 抗ウイルス療法…インターフェロン療法、インターフェロンと副腎皮質ステロイドホルモンの併用療法、抗ウイルス薬(バラクルード・テノゼット内服など)などがあります
  • 免疫療法…副腎皮質ステロイドホルモン離脱療法や、プロパゲルニウム製剤内服などがあります

どの治療法も、肝臓の状態はもちろん、全身状態を的確に把握し、経過をみながら、副作用などにも注意をしなければなりません。

選択から実施まで、肝臓専門医とよく相談し、慎重に行いましょう。

あなたはいくらもらえる? 無料診断
無料診断
1あなたの生年月日を教えてください
元号:
2B型肝炎だと言われたことはありますか?
3B型肝炎の病態を選んでください
4ご両親はご健在ですか?
5年上または双子のきょうだいは?
\いますぐ!/ 無料診断スタート
閉じる
  • 電話で相談する 通話料・相談料無料
  • 給付金を無料で診断する
  • 電話でのお問い合わせご相談 0120-393-041 平日9:30 - 21:00 / 土日祝9:30 - 18:00
    通話料無料・相談料無料
  • 給付金の無料診断はこちらから
PAGE TOP